プロフィール

クラシックマン

Author:クラシックマン


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラヴィンスキー:《ペトルーシュカ》からの三章、他 (商品イメージ)
ストラヴィンスキー:《ペトルーシュカ》からの三章、他

作曲家は愛着を持っていたようである>作曲家指揮コロンビアSO 、解説・リハーサル風景付(CBS)3楽章の交響曲<新古典主義時代の代表作で、ややスランプになっていた作曲家を救った。変なアクのようなものがなく、現代の名曲として正確にさばいているため、ハルサイの「匂い」が嫌いな向きには向いている。
この作曲家特有の強烈なリズムはここでは硬質透明で美しくひびき非常に耳心地がよい。リムスキー・コルサコフの教えを受け作曲活動を開始、民族主義的な色彩にフランス印象派の影響を加え独自の描写的な音楽を確立。他の組曲と異なり「カスチェイ一党の凶悪な踊り」で組曲が閉じられる(そのため、演奏者独自の判断により、他の版と合成して「子守歌」「終曲」を付け加えて演奏する指揮者もいる)。
1~4 導入部~火の鳥の踊り1 導入部2 カスチェイの魔法の庭園3 イワンに追われた火の鳥の出現4 火の鳥の踊り6 火の鳥の嘆願8 金のリンゴと戯れる王女たち10 王女たちのロンド18 カスチェイ一党の凶悪な踊り組曲(1919年版)手ごろな管弦楽の編成と規模から実演では最も演奏機会の多い版ですね。
『火の鳥』1945年版組曲の最終部の自身の演奏にその特徴が顕著に現れている。この3盤のうち初演時の雰囲気を伝えるものとしてはグランド交響楽団の名で残された1929年の演奏があるが、これがけっこう自作自演の最旧盤に似た独特の神秘的な雰囲気をもっている。
PR

スポンサーサイト

コメント

あたしの王子様ですか?☆

今まで趣味とか仕事に夢中になってて気付いたら一人ぼっちで彼氏いなーい(_´Д`)恋愛からしばらく離れてたから…時々さびしくなっちゃったりするんだよね( p_q)同じくさびしーって人いる?けっこう甘えたりするところがあるから大人の人が好きだよ☆だから、年下はゴメンネ(。-人-。) メアドつけておくから気に入ってくれたらメールしてね!待ってまーす hahahanoha88@docomo.ne.jp

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。