プロフィール

クラシックマン

Author:クラシックマン


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Chopin Ballades & Scherzos [Hybrid SACD] (商品イメージ)
The Chopin Ballades & Scherzos [Hybrid SACD]

「舞曲」を前面に出した前作に対し、バラードや夜想曲といった長めの曲が並ぶ今回のアルバムですが、前作と同じく細部まで丁寧にマニアックに作り込まれてます。楽器もピッチも全て当時を再現してやる古楽演奏と同じ系統の興味。この手の演奏はここ数十年ですっかり洗練され、現代的アプローチによる演奏と大して変わらない意識で聴くことができるので、私を含め、歴史的関心は二の次にして聴いている人も多いんじゃないかという気がしちゃうんだよ。
バラード1番のクライマックスとか、ハンドルからちょっと手を離し、しばし突っ走ってみたりするときのようなスリルや解放感があってもいいような気もしちゃうんだよが、この演奏は一瞬も手の抜かれることがなく、ある意味ずっとハンドルを握り続けているような感じなので。確かに1836年製というと、ショパン26歳のときかーなんて考えちゃいますよね。
私もピアノの種類は気にすることのほうが少ないです。一方で、楽器の構造等への関心が強い聴き手もたくさんいるのですが。緻密で淡泊で素朴なショパンもたまには聴いてみたい。有名なピアニストのコンサートに行けば、大きなホールでの演奏になるから、スタインウェイとかになっちゃうことが多いし。

PR

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。