プロフィール

クラシックマン

Author:クラシックマン


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲) (商品イメージ)
バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)

A弦を緩めることによって音量や音の張りなどに不利が生じることを理由として、通常の調弦のまま弾けるよう簡易に編曲された楽譜をもって演奏されてきた。ホールでの録音にも関わらず,間接音の取り込みは最小限(ほとんど気にならないと言って良い),直接音主体に適度な距離感で,細やかなニュアンス,楽器の質感までが感じられる,親近感のある音の捉え方をしてるのかも?
バッハの楽譜としては珍しく、初めの部分にフォルテ記号とピアノ記号(同じ旋律の繰り返し部分)が記入されてますよん。残響の多い録音ではないのですが,第一番から第五番は全体に高域の帯域感がなく,くすんだ音色であり,また,明瞭感という点でもやや不満が残ります。演奏技術的には、番号順に難しくなる傾向にあるが、第1番はチェロを始めて2年から3年程度で挑戦可能とされ、第2番は一部に困難な運指があるものの、第1番とほぼ同程度の難度であり、第3番までなら演奏自体はそう難しくない。
しかし,せっかくいくつもの楽器を遣っているのですから,その違いを鮮明に出すためにも,もう少しマイク位置を接近させて直接音比率を上げ,明瞭感と音色の自然さを確保して欲しかったと思います。じっくりと作品に向き合った真摯な演奏で,落ち着いたテンポで楽器を丁寧に十分に鳴らし,充実感のある濃厚な響きを出しているところが良いと思います。

PR

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。