プロフィール

クラシックマン

Author:クラシックマン


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バッハ:音楽の捧げもの (商品イメージ)
バッハ:音楽の捧げもの

これらは、それぞれの楽器の能力の限界に迫って多声的に書かれた作品群であり、それぞれの楽器の演奏者にとっては聖典的な存在となっている。ルター派の音楽家として活動していたが、王のカトリックへの宗旨変えに応じ、宮廷作曲家の職を求めてカトリックのミサ曲も作曲している。
茫洋とした雰囲気の創出については「日本人としては稀に見るほどに高度の書法を身に付け、中心音の取り方がドビュッシーと違う」点にあるともいわれる。1つの主題に基づいて複数の対位法的作品を作るという同一のコンセプト、および主題の類似性から「フーガの技法」との関連が指摘される。
そのため、各地でオルガンが新造されたり、改造された際にはたびたび楽器の鑑定に招かれ、的確なアドバイスとあわせて即興演奏をはじめとした名技を披露し、聴衆に圧倒的な印象を与えたと伝えられている。ゲルマン語より古いゴート語にもさかのぼることができる語の"pah"とか"pacht"という綴りが語源で、意味は流しの芸人に与える「おひねり」とか「ギャラ」を意味するのです。
展示では、バッハ直筆の楽譜や手紙など4000点に上る研究資料や、バッハが晩年の1740年代に演奏していたパイプオルガンを間近に見ることができちゃいます。
PR

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。