プロフィール

クラシックマン

Author:クラシックマン


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 他 (商品イメージ)
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 他

これは、交響曲第2番の翌年という、彼の創作活動が頂点に達した時期にあたり、交響的な重厚な響き、入念な主題操作、独奏楽器を突出させないバランス感覚、いずれもブラームスの個性が存分に表現された名作となった。楽曲数は約100万曲♪高待遇の看護師募集/リクルートwww.recruit-nb.jp<首都圏・関西の常勤募集、最大級>今より好環境。
ライヴ録音なので、音質が不安定な(第3楽章で急に独奏の音量が小さくなったりする)箇所もあったそうですが、この時代にこれだけ録れていれば十分だと思います。ヴァイオリンという楽器については、指板がフレットレス、弦を弓で擦って持続音を出すという意味で歌「える」楽器ではないかと。
続くロンド主題の後の第2副主題は2拍子と3拍子を組み合わせリズムに変化を持たせた主題。この録音の約1年前に初来日も果たしたクレーメルが、独特のクールな音色で作品の核にぐいぐいと迫り、一躍「鬼才」の名を世界に轟かせた、もはや歴史的名盤ともいえる演奏。十分傾聴に値する演奏であり、凡百の録音とは一線を画するものですが、2枚目のイッセルシュテットとのライヴ録音のほうが遥かに良い音です。
それ以外にも5種?はあるようなのですが、オイストラフは何を聴いても演奏の完成度にムラがないのがすごいですね。
PR

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。